これは美味い!フィジーのミネラルウオーターは他の水とは全く違うまろやかな味わい

ライフハック

どうも、テム(@temlog_net)です。

箱買いする方が続出中の天然水フィジーウォーター。

ご存知でしょうか?

私も少し前から飲むようになりましたが、他のミネラルウオーターとは全く違い、まろやかで角がなく、こんな美味しい水飲んだことないと本気で思いました。

そこでフィジーウォーターが気になったあなたへ。

このページでは、フィジーウォーターとの衝撃的な出会いからリピーターになったわたしの話とフィジーウォーターの魅力をご紹介していきます。

フィジーウォーターを気になっていた方、またはどんなミネラルウオーターなのか気になってしまった方は参考になるかなと思います。

是非読んでみて下さい。

そもそも天然水フィジーウォーターとの出会いは?

出会いなんて少し大げさですが、フィジーウォーターを初めて知ったのは知り合いが飲んでいたのを見てからでした。

見た目が南国チックでお洒落だなとは思っていましたが所詮、水は水。

ミネラルウオーターなんてどれも同じようなものかなと思っていましたが、フィジーウォーターを飲ませてもらった時は衝撃でしたね。

「他のミネラルウオーターと全然ちがう」

「美味い」

数日経ってもフィジーウォーターを忘れられず、あれならお金を出してでも買っていいかなと思い、注文しました。

フィジーウォーターが届く

FIJIケース

箱買いですね。

全部で24本頼みました。

そもそもフィジーってなに?

フィジーウォーターのフィジーはあの南国のフィジー諸国が由来です。

南国のビーチ

リゾート地ですね。

フィジーの場所はオーストラリアより東に位置し、オーストラリアとタヒチ間ぐらいにあります。

工業などの産業はなく、島も海もが綺麗で水の汚染などとは無縁のようなところです。

そこで生まれた天然水がフィジーウォーターです。

フィジーウォーターの特徴

まず、フィジーウォーターの特徴として、内容成分を見ていきます。

成分:シリカ93mg・ナトリウム18mg・カリウム5mg・カルシウム18mg・マグネシウム15mg※1000mlあたり

フィジーウォーターにはシリカという成分が他のミネラルウオーターのり豊富に含まれていのが特徴です。

シリカは別名ケイ素という成分でヒトの皮膚や髪にも含まれてるものです。

シリカを摂取することで身体の様々な部位の成長促進や再生などの手助けをしてくれて、美容効果が期待できます。美容にもいいですね。

続いてミネラルウオーターでよく分類されがちな硬水か軟水かです。

分類:軟水・ナチュラルミネラルウォーター(硬度106mg/L、pH7.7)

水の分類としては軟水になります。

日本人には軟水の方が合う方が多いですね。

フィジーウォーターのここが良い

さて、ここからは実際に届いたフィジーウォーターを飲んでみて感じたことをご紹介します。

飲み口がまろやか

まず何と言っても、飲んだ瞬間、口当たりが柔らかく、まろやかだと言うことです。

感覚的に言うと角がない、丸いイメージの水です。

表現としては抽象的でうまく言えないのですが、飲んでみると言いたいことがわかるんじゃないかなと思います。

丸いんです。柔らかいんです。

常温でも美味しい

ぬるい水よりも冷たく冷やした水の方が美味しく感じる方は多いと思います。私自身もそうでした。

水の美味しさは冷たさで決まるみたいですからね。

しかし、フィジーウォーターは常温が美味しいんです。

まろやかで自然な甘みがあるため、キンキンに冷やして飲むよりも常温で飲んだ方がまろやかさが引き立ちます。

もちろん身体を冷やさないようにするためにも常温で飲めるのは良いですね。

ヨガやジムの水分補給に最適

常温で美味しく飲めるため、ヨガやジムで汗をかいた時の水分補給には合っていると思います。

冷たいのは美味しいのですが、汗をかいた身体には良くないですね。

全身に染み渡るようにゴクゴク飲めます。(本当はゆっくり飲んでくださいね)

パッケージも可愛いので持ち運ぶだけでもテンション上がります。

食事にも合う

雑味がないので食事にも合います。

和食、洋食などなんでも合うのではないでしょうか?

飲み口がまろやかなところはワインなんかと似ていると思います。

べた褒め過ぎでは?

ここまでゴリ押しですと、褒め過ぎかと思われそうですが、飲んでみるとわかると思うんですよ。

他のミネラルウオーターとは全然違う飲み口が。

百聞は一見にしかずです、気になった方は是非試してみてください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました